【CASEFINITE Pixel 6 Pro用ケースレビュー】薄型ケースの使い勝手を徹底解説

目次

皆さん何つけてますか?

どうも、ガジェット好き大学生のShinoです。

皆さんPixel 6のケースどうしてますか?特にProの方はエッジディスプレイを採用していることもあり、ケース選びも難しいですよね。

私も色々悩んだのですが、以前から気になっていたCASEFINITEからPixel 6向けケースが発売されていたので購入してみました。

今回はCASEFINITEを選んだ理由と、着けてみての第一印象をまとめた記事になります。

特にPixel 6用のケースで悩んでいる方の参考になる内容なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

では、よろしくお願いします。

CASEFINITEについて

CASEFINITEのホームページ

まずはCASEFINITEについて軽く説明します。

CASEFINITEはスマホケースのメーカーで、今のところはiPhoneとPixel向けのケースやその他アクセサリーを販売しています。iPhone用ケースとしては割と知名度が高いように思います。

CASEFINITEのスマホケースはブランドロゴやその他のデザインが基本的に無く非常にシンプルなのが特徴です。

極薄のTHE FROST AIRや耐久性に優れたTHE FROST PROなど、いくつかのシリーズが存在していますが、いずれもシンプルなデザインになっています。

Pixel 6シリーズ用のケースは今のところ薄型のTHE FROST AIRのみ発売されています。今回購入したのはPixel 6 Pro用THE FROST AIRのアイスホワイトです。

Pixel6用ケースに求めたこと

まずは私がPixel6 Pro用のケースを選ぶうえで重視したポイントを3つ紹介します。

  • デザイン
  • 質感
  • 大きさ・重さ

1.デザイン

個人的にデザインって割と優先順位高いんですよね。完全に個人的な好みになりますが(笑)

特にPixelの場合、本体のデザイン性が高いので、出来るだけこれを活かしてあげたいこうなると、真っ黒のケースなど、元のデザインを隠してしまうものは候補から除外されます。

純正ケースは半透明で本体のカラーと合わせて楽しめるものだったのでCASEFINITEと最後まで悩みました(笑)

2.質感

質感も大分重要じゃないでしょうか。個人的な好みで言えばマット仕上げがいいですね。皆さんはどんな質感を求めますか?

本体がそもそもマット仕上げだとベストですが、Pixel 6シリーズはツルツルした背面になっています。指紋も付きますし、滑りやすいのは使う上で怖いです。

また、よくあるTPU素材などのケースはテカテカしているのであまり惹かれませんでした。

Google純正ケースや今回購入したCASEFINITEのケースはマットな質感です。そのため、マット仕上げが好きな方にはおすすめだと思います。

他にも、Bellroyが発売したケースはレザー製なので高級感もあり、様々な選択肢があると言えます。

3.大きさ・重さ

これは多くの方が重視する部分だと思います。せっかく付けたケースのせいで操作しにくくなったら本末転倒です。

衝撃に強いケースを選ぶと比例するようにケースが大きくなっていきます。

特に今回のPixel 6シリーズはサイズが大きく、また重たいため、ケースによっては片手操作が不可能になりかねません。Pixel6本体は使用しているガラスの耐久性が高いので、ケースは小さめで軽くてもあまり問題ないような気もします。(もちろん自己責任ですが)

純正ケースとCASEFINITEの1番の違いは重さです。Pixel6 Pro用のケースの場合、純正だと約35g、CASEFINITEは約8gとされています。

Pixel 6 Proは本体重量が210gなので純正ケースを装着すると250g近い重さになります。想像しずらいかもしれませんが、おそらくほとんどの人は「重い!」と感じる重さです(笑)

スマホ本体が重いのは仕方ないですが、ケースは軽いものもあるので出来るだけ軽量なものを選びたいですね。

実際に着けてみる

箱から出したPixel 6 Pro用THE FROST AIRの写真

私の場合は注文してから2日ほどで到着しました。付属品も非常にシンプルで、箱に入っていたのはこの写真に写っているもののみです。

ケースだけを見てみると、本当に薄くて少し不安な気持ちになりました(笑)ただ、筆者自身そこまでケースに耐久性を求めていないので汚れ・傷が防げたら問題ないです。

THE FROST AIRを装着したPixel 6 Pro

実際にPixel6 Proに装着すると、こんな感じになります。

本体のデザインが活かされているところが好きですね。ぱっと見は純正ケースにも近いかもしれません

今回購入したアイスホワイトは結構透けていて、本体のGマークもしっかり見えます。SNSなどを見ると、スモークブラックの方はあまり透けないみたいです。

質感はマットな感じで、サラサラしています。着けていない状態より滑りにくく、指紋も付きません。薄型・軽量なのでPixe l6 Proがそのままマット仕上げになったように見えてしまうくらいです。

見た目以外の部分で言うと、とにかく薄いです。厚さで言えば1ミリも無いです。正直、このケースを着けていても文字が打ちにくいこともあるので、これよりも分厚いケースは使い勝手を悪くしてしまうんじゃないでしょうか。

また、持ってみると軽さがよく分かります。着けているときと着けていないときで、そこまで違いを感じられないくらいです。使い勝手という点で見ればこの辺りは最高ですね。

THE FROST AIRを装着したPixel 6 Proのカメラ部分

その他の特徴としてはカメラバー部分の保護です。今回のPixel6シリーズは大きなカメラバーが特徴ですが、ケースメーカーごとにこの部分の作りは様々です。

Google純正ケースの場合はカメラバーの上下部分が立ち上がっているだけで、あまり保護性能は期待できません。

THE FROST AIRの場合、カメラバーの左右を1センチほど覆ったデザインになっています。純正ケースより保護性能は高そうですよね。実際、机などに置いた場合、カメラバーが直接机に当たらないようになっていて安心しました。

THE FROST AIRを装着したPixel 6 Proのベゼル部分
ケース自体の薄さも伝わるでしょうか?

ディスプレイのエッジ部分はこのようになっていて、ベゼルを少しだけ覆っています。画面部分は基本的に露出しているので、製品によるとは思いますが、エッジまで保護するフィルムでも干渉しずらいかと思います。

まとめ:理想的な完成度

THE FROST AIR(Pixel 6 Pro用)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 薄い、軽い
  • 本体のデザインを生かせる
  • マット仕上げで肌触りもいい
デメリット
  • 保護性能には期待できない

ここまで、Pixel 6 Pro用の薄型ケース、THE FROST AIRをレビューしていきました。

結論としては非常に満足しています。筆者がスマホケースに求めることをほとんど満たしていて、使い勝手もいいです。しかし、保護性能はそこまで高くないので、スマホを落としやすい方は多少重くても保護性能に優れたケースを選ぶ方が良いかもしれません。

本音を言えば、THE FROST AIRの保護性能を向上させたTHE FROST AIR ULTRAやもう少し分厚いTHE INFINITE AIRなどでもPixel向けケースが発売されると嬉しいですね。

Pixel 6シリーズは大型で重ための機種なので、ケースは出来れば薄型で軽量のものがいいと思います。Pixel 6シリーズ用のケースを考えている方は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

面白い!と思ったらぜひシェア

この記事を書いた人

学生をしながらブロガー、ライターとして活動中。
スマホ、ガジェットが好き。というかPixel信者。メインスマホはPixel 7。
ブログでの案件依頼、ライターとしての寄稿依頼もお待ちしております。

目次