【在宅バイト】オンライン家庭教師について経験者が徹底解説

ノートとヘッドセットの画像
目次

大学生のバイトにはオンライン家庭教師がおすすめ!

今回はコロナ禍の大学生におすすめのバイトについてご紹介します。

早速ですが、筆者はオンライン家庭教師として働いた経験があります。そこで今回は、大学生のオンライン家庭教師バイトがどんなものか私なりの考えとともに解説していきます。

コロナ禍もあり、出来れば在宅で稼げるバイトがしたいと思っている大学生の方は多いのではないでしょうか?結論から言うと、そんな方にはオンライン家庭教師バイトがおすすめです!

具体的な業務内容や、メリット・デメリットについて説明していきます。

業務内容と特徴

双方向のオンライン授業の様子

そもそもオンライン家庭教師って?

オンライン家庭教師サービスは新型コロナウイルスの流行をきっかけに拡大したお仕事で

そこで、ざっくりとどんな仕事なのか説明すると、

ZoomやSkypeといったオンライン会議システムを利用して生徒をの勉強を指導する仕事

を指します。具体的な内容や方法(案件紹介、業務連絡、使用教材など)は事業者によって異なるのでここでは省きます。

また、事業者にもよりますが、勤務場所が自宅の場合とそうでない場合(塾の教室など)があります。ただし今回は在宅勤務の場合に絞った内容になるので注意してください。加えて、業務内容の違いにはそこまで影響はないと思いますが、雇用形態もアルバイトの場合と業務委託(業務委託の場合は個人事業主)の場合があるので応募時には確認しておきましょう。

オンライン家庭教師バイトの特徴

筆者が思うオンライン家庭教師の特徴

  • 在宅でも働ける
  • 比較的時給が高い
  • PCなどの準備が必要

この3つが大きな特徴ではないかと思います。在宅で稼げるということで、新型コロナウイルスへの感染リスクを押さえながらもしっかりとお金を稼ぎたいという人には魅力的ですよね。

オンライン家庭教師バイトのメリット・デメリット

ヘッドセットを着けてパソコンを操作する男性のイラスト

ここまでの説明とも重なってしまう部分もありますが、オンライン家庭教師バイトのメリットとデメリットについて説明します。

メリット

メリットは以下の3つ。

  • 自宅で勤務できる
  • 時給が比較的高い
  • 案件が多く、すぐに働ける

1つ1つのメリットについて見ていきましょう。

自宅で勤務できる

1つ目のメリットですが、コロナ禍の今、この点は非常に嬉しいのではないでしょうか。家族以外の人との接触による感染リスクを抑えることができるからです。

指導中はもちろん、通勤の間の感染リスクも避けられます。

もう一つ、このメリットの理由は家から出る手間が無い点です。通勤時間が無いので時間の有効活用につながります。

また、家庭教師に限らず大学生のバイトは帰宅が夜になることも多く防犯の観点からも不安な方も多いのではないでしょうか。この不安も在宅勤務であるオンライン家庭教師だと全くありません。

時給が比較的高い

次に2点目の時給の高さについてですが、働く以上、出来るだけ報酬が高い方が嬉しいですよね。

オンライン家庭教師でも、対面の家庭教師や個別指導塾で働く場合と同じくらいの時給が設定されていることが多いです。筆者も時給1,200円で働いていました。

時給が高いとバイトに費やす時間が少なくて済むので、遊びや勉強などに時間をより多く使うことができます。

案件が多く、すぐに働ける

最後に3つ目のすぐに働ける点については、事業者による多少の差があることはご了承下さい。ただ、今の傾向として案件が豊富なのは事実です。

生徒側も出来るだけ感染リスクを避けたいからです。この傾向から、大量に募集を行う事業者があります。

実際、筆者もオンライン家庭教師開始時から担当の生徒さんが複数人いる状態が続いていました。今すぐ働き始めて稼ぎたい!という方には嬉しいですよね。

デメリット

次にデメリットですが、以下の2つが挙げられます。

  • PCなどの用意が必要
  • 通信費は自己負担

詳しく解説していきます。

PCなどの用意が必要

ZoomやSkypeを使って指導を行うので、少なくともPCは必要になってきます。大学の授業で使うためにPCを持っている方も多いでしょうが、自分用のPCがない方はオンライン家庭教師を始める前にじっくり検討しましょう。

また、PC以外にもヘッドセット、マイク、webカメラ、場合によってはペンタブも必要になる可能性があります。

筆者は普段から使っていたワイヤレスイヤホンヘッドセット兼マイクとして使用していました。

必要なものを全て揃えるとなるとそれなりに高い金額が必要なのでよく検討することをおすすめします。

しかし、必要な備品を支給してくれる事業者も多くはないものの存在するので、経済的に厳しい場合はそのような事業者に絞って探すといいですね。

通信費は自己負担

ビデオ会議システムを使うので、勤務中は大容量のデータ通信を行いますが、多くの事業者で通信費の補助などはありません。

さらに、安定した通信のためにWi-Fiの利用が推奨されることが多いです。個別指導塾での勤務で交通費が支給されるように、通信料も支給されたらいいなぁと思っていました(笑)

オンライン家庭教師で身につくスキルは?

パソコンで出来ることを想像する男性のイラスト

最後に、オンライン家庭教師として働くことで身につくスキルについて説明します。

PCスキル

基本的にオンライン家庭教師ではPCを使って業務を行うのでPCスキルが身につきます。

特にZoomなどのオンライン会議システムは今後も広く利用されると思います。そこで、基本的な使い方はもちろん、画面共有などの機能を使いこなせる力は必ず役に立ちます。

また、生徒さんの理解を深めるために教材を自作することもあります。WordをはじめとするOfficeソフトで作ることになるので社会に出てから資料作成する際にも役立つ経験が積めるでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは他の仕事でも身につけられると思いますが、オンライン家庭教師の場合は画面越しのコミュニケーションなるので普通のコミュニケーションより高度なスキルを身につけられます。

例えば、画面越しだと対面での会話よりも感情が伝わりにくいので言葉以外のコミュニケーション=NVCが大切になります。

NVCとはNon-Verbal Communicationの略で日本語だと非言語コミュニケーションといいます。

表情や声のトーン、身振り手振りなどを普段よりも大きく表現する必要があり、このスキルが身につけば実生活でもより円滑で楽しいコミュニケーションが取れるでしょう。

ビジネスマナー

オンライン家庭教師をしていると、多くの場合社員さんとのやり取りは電話やメールなどになります。

また、生徒さんのご家庭とも直接メールでやり取りすることがあります。ご家庭に失礼な態度を取ってしまうと、そのご家庭から契約を切られることもあり、自分の収入にも直結します。

このように普通のバイト以上に、電話の応対やメールの文面の書き方などに注意する場面が多いため、自然と正しいビジネスマナーが身につきます。

会社などに就職した場合、取引先とのやり取りではこのようなマナーが重要になるので学生のうちに身につけておくと安心ですね。

まとめ:オンライン家庭教師はコロナ禍の大学生にぴったり

パソコンを操作しながら何かひらめく男性のイラスト

アフターコロナやウィズコロナと呼ばれるこれからの世の中で、大学生が効率的かつ安全に働ける仕事はオンライン家庭教師だと思います。

一方で、オンライン家庭教師は対面で指導する場合よりも難しいことがあるのも事実です。

これからオンライン家庭教師を始めたい方や既に指導している方は、生徒さんのために知識や様々なスキルを伸ばしていくことが大切です。

今回紹介したメリット・デメリットや必要な準備などを理解して、充実したお仕事にしていただきたいと思います!

ノートとヘッドセットの画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

面白い!と思ったらぜひシェア

この記事を書いた人

学生をしながらブロガー、ライターとして活動中。
スマホ、ガジェットが好き。というかPixel信者。メインスマホはPixel 7。
ブログでの案件依頼、ライターとしての寄稿依頼もお待ちしております。

目次